今こそインプラントの闇の部分について語ろう

イロイロな条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないと言われる事もあるのですよ。

でも、断った訳として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみて頂戴。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればおもったより困難なケースでも治療可能になっているのです。よく調べて、最先端の治療がうけられる歯科医院を十分調べて頂戴。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。

決定的なちがいは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものなんです。差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を造れるのが、インプラントの利点なのです。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありないでしょう。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりないでしょう。

力のかからない日頃の暮らしならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれをくらべ、治療に取りかかることをすすめます。
忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療をうけてどうだったか、その評判なんです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありないでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。