はじめてインプラントを使う人が知っておきたい

ごく普通の歯科医院で、外来診療をうけてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得て下さい。

感染症対策について、具体的な取り組みをウェブホームページの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見て下さい。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで初めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素といった物質がまあまあマイナスに作用します。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意して下さい。
インプラント治療を初める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べて下さい。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働聞かける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。自費診療なので、まあまあの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあるでしょう。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療をうけるようにしましょう。